国分寺くるみギャラリー

国分寺駅 北口から徒歩約6分の小さなギャラリーです。よいものを展示してよい空間を。企画展示とともに、貸しギャラリーとしてギャラリースペースをレンタルしています。

「あたたかな眠気」鈴木伊美 個展

ガラスの造形作家、鈴木さんの個展です。 春のうららかな空気をまとったような、やわらかい色彩やフォルムのガラス作品。 瓶や皿の形であっても、ひとつひとつの佇まいはしっかりした主張をもっています。 そして、配置された作品群によって、ギャラリー全体…

森下真吾 陶展 シンゴの吾偶とうつわ

―笑いと、心動と、休息と、ものつくりに込めて― 八ヶ岳で制作活動をしている森下真吾さんの陶展です。今回も吾偶と名付けられた一度見たら忘れられない不思議な人や動物が、タケコプターをつけていたり、多肉植物と一緒だったり、花を背負っていたり・・・圧…

ほとりぼっち すむとこ ー松本ひろみ 米倉葉子 2人展ー 2019.2.22(金)~3.3(日)

松本ひろみさんと米倉葉子さんによる布やフェルトを素材としたオブジェ、箱、身につけるものなどの展示です。 “ほとりぼっち”シリーズのパート4になる今回のテーマは“すむとこ” ギャラリー内にはテントが張られ、天井からは薄い垂れ幕やカラフルなモビールが…

focus 2019.2.13(水)~2.18(月)  

東京学芸大学 写真研究部員4名による写真展です。日々の研究成果の発表の場として今回、ギャラリーでの展示を開催することになりました。それぞれが焦点となる対象を選び、思い思いの方法で表現しています。様々な切り口から今という時を感じる、新鮮な視点…

地下版画工房の仲間たち展Ⅱ 2019.2.6(水)~2.11(月) 休廊なし

昨年閉校した武蔵野美術大学の前身である武蔵野美術学園の版画コースの有志の教授と学生の展示です。母校が閉校となり、様々な場所と環境で制作をつづけた1年間の成果です。版画を中心として、日本画他絵画も展示しています。版画は銅版画・リトグラフ・木…

おいしいパンとスープを楽しむ器展 2019.1.25(金)~2.3(日)

寒い季節の食卓を豊かに彩る食器やオブジェ、ドローイングの展示です。パン、スープ、コーヒーをより美味しくいただける陶や磁器、木の器がたくさんそろいました。 また、食にまつわる陶の人形、ワイヤーワーク、平面を飾るドローイングなど、生活のスパイス…

くるみギャラリー コレクション展 2019.1.11(金)~1.20(日)

過去にくるみギャラリーで展示をしたり、ギャラリーが作品を購入したりした様々な分野の作品展です。銅版画、木版画、リトグラフ、油彩、水彩、日本画などの平面作品の作家29名陶、木彫、ガラス、金属などの立体作品の作家18名 小さなギャラリー空間ですが、…

「クリスマス展」2018.12.13(木)~12.25(火)

クリスマス展が始まりました。毎年、このシーズンならではの展示。たくさんの作り手によるバラエティ豊かな作品がぎっしり詰まっています。今年は各作家が15㎝の木枠の中にそれぞれの世界を作り込みました。見応えもたっぷり!わくわく気分でお出かけくださ…

遠田草子 陶展「小舟に乗って」 2018.11.28(水)~12.3(月)

青梅で制作している遠田さんの個展です。 白や水色に貫入の微妙な調子が美しい花器や、日々見飽きない模様入りのカップ、鉄赤の大皿など、洗練された造りとデザインの作品です。 水滴や木の葉のイメージの掛け花、シンプルな幾何学的な形の器。愛嬌のある鳥…

暦展こよみてん 2018.11.14(水)~11.26(月)

11人の作家のオリジナルカレンダー展です。 木版、イラスト、写真、水彩画、切り絵、おもちゃのようなユニークなデザインのものなど 様々なタイプのカレンダーがいっぱい! 2019年の毎日のお伴を見つけに、ギャラリーまでいらしてください。シーズンギ…

吉川裕子陶展 やわらかな日々 2018.11.2(金)~11.11(日)6(火)休廊

吉川裕子さんの、陶の食器、灯りの展示です。 寒い季節に向かって秋が深まる頃、温かいお料理や光につつまれてゆったりした時間を過ごすのにピッタリの作品が展示されています。 赤や水色やオレンジのカラフルテイスト、渋い茶系の落ち着いたトーン・・・様…

第16回 ひとびと展 2018.10.24(水)~29(月)

立川の造形教室アトリエざっく主催の小さいはがきサイズの絵画展です。 公募に応じて、小さいお子さんから大人の方まで、はがき程度の画面(一片15㎝まで)に画材もテーマも自由に表現した作品約180点が集まりました。 一般参加75名と子どもたちの造…

バッヂグループ展 2018.10.12(金)~10.21(日) 10.16(火)休廊

11人の造形作家によるバッジばかりの展示です。 陶、ガラス、木、金属、紙・・・様々な材料で作られた楽しいバッジがいっぱい!何が出てくるのかドキドキのガチャポンもあります。 身に着けたり、飾ったり、いくつも選びたくなりますよ。小さいけれど作家…

古森秀夫・堀込和佳 二人展―いくつもの森をぬけて山へー 9.28(金)~10.8(月) 10.2(火)休廊

ドローイングの古森さん、陶の堀込さんのくるみギャラリーでは10回目になる二人展です。 森をぬけた先に広がる景色が見えてくる古森さんのやわやかい色調の紙や陶の木々、鳥、山。 絶滅した二ホンオオカミを想い、形や言葉にした堀込さんの器やオブジェ、…

strings 9月の展覧会  2018.9.2.14(金)~9.23(日) 9.18(火)休廊

11人の作家による平面作品の展示です。 油彩、水彩、日本画、ガラス絵、様々な技法の版画ー約50点のバラエティに富んだ作品が並びました。 stringsとは糸や弦楽器の演奏の意味がありますが、色とりどりの表現が織りなすハーモニーをお楽しみいただければと思…

原島洋二郎 日本画展「フラワー」2018.9.1(土)~10(月) 4(火)休廊

くるみギャラリーで2年振り2回目の原島さんの個展です。 花をテーマに柔らかい色面が画面を彩る日本画の展示です。 前回よりも華やいだ色彩が使われ、心の内に自然と湧き上がってくる様々な思いが表出されているような作品です。 是非ギャラリーで、直に絵…

「蕎麦猪口 ぐい呑展」2018.8.19(日)〜26(日) 20(火)休廊

“蕎麦と酒”相性抜群ですよね。そんな蕎麦や酒を味わうのにぴったりのガラスや陶の器、手ぬぐいの展示が始まりました。ギャラリーには12名の作家作品がずらりと並んでいます。 観て、選んで、たっぷりお楽しみください。 期間中、イベントを開催します。 8月…

荒城からの風 竹田のものづくり展  2018.7.13(金)~7.22(日)17(火)休廊

昨年の8月、出張ギャラリーと称して、大分県・竹田の城下町のあちこちの場所をお借りして、 造形作家さんたちと共同生活をしながら展示や音楽ライブをやった「アートキャンプ竹田」から、約1年が経ちました。 そのご縁もあって、今回ギャラリーでは、竹田…

「目をとじて3つ数えてーチェロと絵の展覧会」 2018.6.29(金)~7.8(日) 7.3(火)休廊

チェロは成田千絵さん、絵は槇島藍さん。 お互いの〝奏でる音・描かれる色や形〟に触発されて、ギャラリーでの展示、コンサートという発表の場が生まれました。 槇島さんは大画面の130号の油彩が3枚、20号2点、DMになったドローイング1点を展示しています。…

斎藤俊美個展「ねこのコンサート」2018.6.20(火)~6.25(月)

毎年、ダンボールや木や針金を使って、額縁や動物、楽器など、驚きの作品発表をしている斎藤さんの今年のテーマは〝ねこ〟 様々な楽器を奏でるねこ達が額縁からはみ出して動き出しそう。ねこ達の音楽は、楽しくて自由なんだろうなあー 猫好きも、そうでもな…

田端優子展 La Vie 2018.6.8(金)~17(日)   12(火)休廊

乾漆技法で彫刻を制作している田端さんの個展です。 乾漆やテラコッタの少女たちは、フォルムの内側にある命のみずみずしい美しさに輝いています。静かだけど、強い生命力を感じる塑像作品。 小品の立体や壁につけられた抽象のレリーフもあります。 色彩豊か…

「アトリエざっく図工の時間ⅩⅠ」 2018.5.25(金)~6.3(日)  5.29(火)休廊

嶋田善雄、米倉泉、杉山高史 立川の造形教室アトリエざっくで教えていらっしゃる講師の三人展。今年で11回目になります。 専門の版画作品、人物や風景のスケッチ、水彩・パステル、古い描画材のシルバーポイント(金属の筆記具)による表現など、幅の広い、見…

「おいしいパンとワインを楽しむ器展」 2018.5.11(金)~5.20(日)休廊15(火)

古森秀夫(ドローイング、オブジェ)遠田草子(陶) 羽尾芳郎(木工) 堀込和佳(陶) 松野章弘(陶)森田節子(ワイヤー)吉川裕子(陶) さいとうなおみ(パンとコーヒー)堀田きよみ(ワイン) パンとワインにまつわる、器やオブジェ、家具、照明など、日…

「おいしいパンとワインを楽しむ器展」DM訂正のお知らせ

5/11(金)から始まる「おいしいパンとワインを楽しむ器展」のDMに間違いがありました。 裏面の会期が、5/11(金)~20(月)となっていましたが、正しくは5/20(日)が最終日です。申し訳ありません。すでにお手元にDMをお持ちの方はお間違えないようにお願…

「くるみアトリエ展4」2018.4.25(水)~30(月) 11時~18時まで

ギャラリー2階の水彩教室のメンバーによる展示です。 静物、イメージ、風景などのテーマを水彩、アクリル、切り絵で表現しています。いつも楽しく活動している様子が絵からも伝わってきます。陶の額も自作しました。 力作ぞろい!どうぞご覧ください。 通常…

甲斐哲哉/作品展 touch of colour 2018.4.13(金)~22(日)  17日(火)休廊

大分県竹田市で制作をしている甲斐さんが、毎年、春に開いている個展です。野焼きによる色をおさえた土臭さが強い酒器や、明るい黄色や青が踊る皿やカップ。そして、パネルにアクリルや水彩絵の具で描いた平面作品、陶板の作品など幅広い表現の作品が並びま…

「ひらりと飛ぶ 小林千花子個展」2018.3.16(金)~25(日)  20(火)休廊

小林さんの陶と皮の作品展です。 春に舞う蝶や花びらをモチーフにしたカップや絵皿。ひらりひらり楽し気な絵柄で、やさしく話しかけてくれるような作品です。 陶だけでなく、親しみのあるデザインの皮のブックカバー、財布、かばんなども展示しています。 春…

地下版画工房の仲間たち展 2018.2.23(金)~3.4(日) 休廊なし

武蔵野美術学園吉祥寺校の版画コースで制作する学生有志22名と先生方8名の30名の版画作品の展示です。この3月で武蔵野美術学園吉祥寺校が閉校になります。そこで版画コースでは最後の企画として、教えていただいた先生方と学生有志によるグループ展を行うこ…

おわび

誠に申し訳ありません。 只今PCの不調にとり、HPの更新ができない状態です。 しばらくはこのブログのみの更新となります。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

「LOCI 内海拓 林裕人 二人展」2018.2.12(月)~18(日)

東京芸術大学油画専攻2年に在学中のお二人による展示です。 内海さんはパネルに顔料と自宅付近の土を使って制作しています。土と顔料のかもし出す絵肌と色彩が印象的な作品です。対象物を描くという意図よりも、自然物によって作品を作る行為を重視していま…